2023年 旭川冬まつりの見どころや花火情報・アクセス方法は?

イベント

北海道旭川市で行われる有名なイベントである旭川冬まつり。

このお祭りは、道北の中で最大級のイベントになっています。

北海道で有名な「さっぽろ雪まつり」に並ぶほどの、ビックイベントになっています。

今回は、2023年の旭川冬まつりの見どころや日程・スケジュール・花火情報を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク



見どころ

引用:https://asahikawa-winterfes.jp

北海道三大冬まつりの一つである旭川冬まつり。

「雪・氷・あかり」をテーマにしているお祭りになっています。

そんな旭川冬まつりの見どころを4つ紹介します。

①大雪像

このお祭りのメイン会場は、広大な石狩川河川敷になります。

旭川冬まつりの一番の見どころといえば、メイン会場にある『大雪像』です。

平成6年に登場した大石像は、世界最大の雪の建設物としてギネス記録として認定されました。

こちらがギネス記録として認定された大石像になります。

引用:https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp

全て雪でできているとは思えないほどの芸術作品になっています。

2022年はどんな大石像が見られるか楽しみですね。

また、夜にはライトアップされて、大雪像のプロジェクションマッピングと一緒に花火が打ち上げられるのでどんな演出になるか毎年ワクワクしますね!

②氷彫刻世界大会

引用:https://rurubu.jp

公式の大会で、国内唯一の世界大会といわれています。

選手達が、氷を使って彫刻をしていきその作品を実際に観ることができます。

これぞ芸術という作品がたくさんありますよ!
こちらも迫力があり、楽しみなイベントのひとつになっています。

③冬マルシェ

旭川市をはじめ、様々は場所の美味しいグルメが集まります。

市外からも多く集まってくるため、普段食べられないご当地グルメまで揃っています。

ぜひ、北海道グルメを堪能してみてください!

たくさんご当地グルメを食べるために、お腹を空かせていくことが吉かもしれません!!

④スノーアクティビティ

毎年、約10個程のアクティビティブースが用意されています。

雪だるま制作
巨大迷路
ぶんぶんスライダー
スノーバナナ
雪で作られた巨大迷路 など

この中でも、毎年人気なのがぶんぶんスライダーです。

全長100mの滑り台になっており、普段では体験できないようなスリル満点なものになっています!

ぜひ、この機会にスリルを味わってみてくださいね。

スポンサーリンク



歴史

旭川冬まつりの始まりになった出来事は、1946年(昭和21年)1月頃でした。

当時の旭川警察署が雪の除雪をするように呼びかけていましたが、北海道はたくさん雪が降るため、雪の除雪をした時にできる雪の山の処理に困っていました。

そんな時に、当時の観光協会会長であった佐藤門治さんが彫刻家であった加藤顕清さんの助言で、その雪を使って雪像を芸術にするという発想に至ったことで、現在の旭川冬まつりの象徴でもある”大雪像”が毎年のように登場するようになりました。

その出来事をきっかけに、1960年に第一回「旭川冬まつり」が開催されました

雪の山を芸術にする発想がなかったら、今の旭川冬まつりがなかったと考えると感慨深い歴史であることがわかります。

2023年 旭川冬まつりの日程

2023年 旭川冬まつり
日程 2月上旬頃(わかり次第追記)
例年2月上旬に開催
時間 9:00-21:00
開催場所 旭橋河畔会場・旭川駅周辺・平和通買物公園
旭川市宮下通~7条通 等の通り
住所 北海道旭川市常磐公園4044
マップ  
お問い合わせ 旭川冬まつり実行委員会
TEL 0166-25-7168
公式サイト https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp

イベント・スケジュール

毎年、楽しいイベントを用意しています。

人気芸人が登場したり、ライブ、トークショー、お笑い、ヒーローショーなど盛りだくさんのイベントになっています。

2022年のイベント情報は、まだ発表されていないためわかり次第追記していきます。

花火

例年、初日と土日祝のみ打ち上げられます。

日程 わかり次第追記します
時間 19:00〜
会場 旭橋河畔会場
住所 旭川市常磐公園4044
マップ

夏だけではなく、イベント中は冬に花火を鑑賞することができます。

季節が冬なので、空気が澄んでおり綺麗に花火が観られます。

ぜひ、足を運んだら花火は見ていただきたいものですね。

スポンサーリンク



オススメの服装

時期が冬であるため、防寒バッチリな服装が良いでしょう。

このお祭りの特徴でもある寒さは、日本の過去最低気温のマイナス41℃を観測したほどです。

想像するだけで震えが止まらなくなってしまいますよね。

しっかりと防寒対策をして、当日お祭りに向かうようにしましょう。

屋台の種類

旭川冬まつりでは、”冬のマルシェ”と呼ばれています。

北海道の名物が勢ぞろいしています。

北海道名物ラーメン
ザンギ
海鮮焼き
温かいおしるこ
串もの
ムスリムフード
オーガニックフード 等

寒い中で食べると、より一層味がしみて美味しく感じますよ!

お店で食べる時とまた違った雰囲気で食べることができます。

混雑状況

毎年約100万人の来客数を誇っています。
日本人だけではなく、海外の観光客もこのお祭りに参加していることが特徴にあります。

有名なお祭りであるため、お祭り中は混雑が見込まれます。

お祭りに足を運ぶ際は、時間に余裕をもって向かうようにしましょう。

スポンサーリンク



アクセス方法

電車

●JR旭川駅より徒歩で約25

バス

●旭川駅~常磐公園前 約10/片道180
会場まで徒歩4

●旭川駅から会場まで無料シャトルバスあり

タクシー

●旭川駅前から約10分/約600円

目的地:旭川駅
●旭川北ICより約30分

駐車場情報

会場周辺には、駐車場の用意は一切ありません。

車でお越し頂く際は、旭川駅の近隣コインパーキングに停めて交通機関を使用してお越しください。

収容数が多いおすすめの駐車場を3つ紹介します。

❶イオンモール旭川駅前店
住所 北海道旭川市宮下通7-2-5
マップ
料金 20分/100円
営業時間 24時間営業
収容数 約900台
❷ハートピアパーキング
住所 北海道旭川市1条通7-43
マップ
料金 20分/100円
営業時間 24時間営業
収容数 約545台
❸屋内パーキング カーレスト
住所 北海道旭川市1条通6-5
マップ
料金 200円/60分(最大料金700円)
営業時間 7:30〜22:00(日・祝日は21:30まで)
収容数 約400台

交通規制

現在の公式サイトでは、交通規制についての発表はありません。

過去のお祭りの際には、それほど交通規制はなかったと思いますが、最新情報が入り次第、更新していきます。

スポンサーリンク



まとめ

旭川冬まつりは、北海道の名物や氷彫刻、スノーアクティビティーといった北海道ならではのお祭りです。

旅行がてら足を運んでみるのも良いですし、地元の方も是非一度は行ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました