酉の市 横浜 2022 日程・開催時間・アクセス・駐車場情報を紹介

イベント

神奈川県横浜市南区で行われている金刀比羅大鷲神社の酉の市。

酉の市は、横浜の中でも最大級なイベントになっています。

今回は、2022年金刀比羅大鷲神社 酉の市の日程・開催場所・混雑状況・屋台・アクセス方法・駐車場情報を紹介します。

酉の市とは

酉の市は、開運招福や商売繁盛を祈願するイベントとして知られています。

開催場所は主に関東地方で、毎年11月に鷲や大鳥など鳥の名前にちなんだ神社にて酉の市が行われています。

『酉の市』と名前にもなっている酉は、十二支のトリを指しています。

12種の動物の日から「酉の日」を選んで行われます。

そのため、毎年2.3回開催されますが、酉の日も変わるため開催日は毎年変わります。

酉の市は、横浜の他にも浅草の『鷲神社』新宿の『花園神社』などで開催されています。

関連記事  新宿酉の市 2022 日程・混雑状況・アクセス・駐車場情報を紹介!

見どころ

横浜の酉の市の最大の見どころは、神社を彩る手作り提灯です。

会場である金刀比羅大鷲神社の大きな鳥居を囲むように飾られた提灯は、なんと全て手作りになっています。

その数は数百個あるそうですよ。

職人さんが心を込めて一つ一つ作っているため、お祭りに行く方はぜひ直接見てみてください。

眩い提灯や飾られた熊手、屋台の明かりで夜は歩いているだけでも楽しい気分になれますよ!

スポンサーリンク



歴史

酉の市の始まりは、江戸時代まで遡ります。

当時、江戸近郊の花又村(現在の東京都足立区)にある大鷲神社(鷲大明神)から始まり、近隣の農民たちが秋の収穫を祝い、鶏を奉納したのがきっかけといわれています。

名前である酉の市は、当初は酉の祭(まち)と呼ばれていましたが、市がたつようになったことで現在の『酉の市』の名前に変わりました。

金刀比羅大鷲神社の酉の市は、明治時代から始まったといわれています。

そして、1991年(平成3)年111日に『無形民俗文化財』に登録されました。

金刀比羅大鷲神社 酉の市 2022年 日程・開催場所

金刀比羅大鷲神社(ことひらおおとりじんじゃ)  酉の市
日程 114日:一の酉
1116日:二の酉
1128日:三の酉
毎年11月に開催
開催時間 11:00~23:00
開催場所 金刀比羅大鷲神社
住所 神奈川県横浜市南区真金町1-3
マップ
お問い合わせ 金刀比羅大鷲神社 社務所連絡先
TEL:045-231-3208
公式サイト https://yokohama-torinoichi.jimdofree.com

混雑状況

金刀比羅大鷲神社 酉の市では、例年10万人以上の観光客が訪れる大きなイベントになっています。

過去の混雑状況では、参拝者の行列が最寄駅の阪東橋駅から横浜橋商店街を通って、会場である金刀比羅大鷲神社まで続いていました。

今年も混雑が見込まれますので、向かう方は時間に余裕をもって向かうことをおすすめします。

混み合う時間帯では、毎年夕方以降が混み合うため、混雑を避けたい方は明るい時間に向かうようにしましょう。

車でお越しいただく方は、周辺の駐車場もすぐに満車になってしまうので、早めに向かうようにしましょう。

お祭り終了後も、周辺道路で渋滞になってしまうため、渋滞に巻き込まれたくない方は、早めに帰るなど工夫をしたほうがよいかもしれません。

会場の近くには、横浜中華街もあるため、旅行ついでに遊びに行くこともおすすめします。

\楽天トラベルはセール中はお得なプランが豊富!/

屋台

お祭り期間中は、400500ものたくさんの屋台が出店されます。

実は、このお祭りの見どころの一つになっています。

定番の焼きそばやたこ焼きから、ステーキ串やハンバーガー、デザート系などの屋台も出店されています。

そのほかにも、チーズダッカルビやその時ブームになっている食べ物、ケバブや中華まんなどのいろんな国の屋台も過去に出店されていたので、たくさん食べられるようにお腹をすかせていくとよいかもしれません。

また、金魚すくいなど遊べる屋台も盛りだくさんなので、子どもから大人まで楽しめますよ。

食べ物の屋台とは別に、商売繁盛を招く熊手も売られています。

横浜の酉の市の熊手は、一つ一つ手作りで丹精込めて作られています。

また、縁起を掻き込むという意味もあるそうですよ。

営業時間は1100分~2300までになっています。

仕事終わりでも屋台がやっているため、ぜひ足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク



アクセス方法・駐車場情報

電車

●横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋駅から徒歩で約6
●JR京浜東北根岸線 関内駅より徒歩15分

●首都高速 横浜公園出入口(下り)から約6分

駐車場情報

車でお越しいただく際は、近くのコインパーキングに停めるようにしましょう。

収容数が多い駐車場を紹介します。

タイムズステーション横浜長者町
住所 神奈川県横浜市中区長者町5-56
マップ
利用時間 24時間
料金 250円/30分
最大料金:最大料金1000円(駐車後12時間)
収容数 220台
GSパーク関内パーキング駐車場
住所 神奈川県横浜市中区住吉町2-19
マップ
利用時間 24時間
料金 8:00〜24:00:200円/15分
00:00〜8:00:200円/60分
最大料金:最大1800円/12時間
収容数 112台

会場周辺の駐車場は、収容数が少なくすぐに満車になってしまうため、会場周辺に駐車したい方は早めに向かうようにしましょう。

満車など気にせずにスムーズに駐車したい方は、近くのコインパーキングを事前に予約をすることがオススメです。

イベント場所近くのコインパーキングの中で1番金額が安く、事前予約出来るサイトはこちら↓


スポンサーリンク



まとめ

今回は、神奈川県横浜市南区で行われている金刀比羅大鷲神社の酉の市を紹介しました。

ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました